君の井酒造は昔の北国街道新井宿の街道沿いに位置しています。

北国街道は、北陸方面の大名の参勤交代の通路であり、また、佐渡で大量に産出する金を江戸へ運ぶ輸送路として、さらに、穀倉地帯の米穀、今町港(上越市)からの塩、海産物、その他の物資の運搬通路として重要な街道でした。
新井は豪雪地として名高く、降雪量10メートル以上にもなり、冬の新井は苦難を窮めたようです。

しかし、「豪雪の地」ゆえに、新井は、冬は天然の冷蔵庫となり、また妙高山麓に源を発する矢代川の伏流水など、豊富な地下水に恵まれ、酒造りに最適な環境となります。
その雪の恵みを頂き、今も君の井酒造は育まれています。


妙高山   冬は2mを超える雪が積もります


創業年について新井は昔から火災が多く、特に明治に入ってからの大火は町を灰にした大変なものであったようで、過去の記録が消失しており、当社に残る記録として、当時の高田藩榊原藩主の酒造り128石の許可証があり、そこに天保13年と記されていることから、これを創業年(西暦1842年)としています。

「君の井」の名前の由来についても、はっきりとした記録は残っていません。ただ、明治の始めに、由来について推測することができる出来事がありました。
1842年頃は江戸時代の終わり頃で、明治時代に入り当蔵の隣にあります「東本願寺別院」に明治天皇が来られた記録が残っています。その際、天皇にお酒を献上したことから「君主に献上した酒」として「君」の文字が使用され、「井」の文字については、全国に「〜井」という銘柄が多いように、「良質な水が湧き出る井戸」が由来となっています。
当時は等級として、上位から「君の井」「桜誉」「金華山」のネーミングで販売、また、焼酎やみりんの製造販売もしていました。
許可証


明治時代の蔵の様子

当時のラベル

>>田中屋大五郎について詳細はコチラ


二代目 田中屋大五郎
 

昭和10年
中部六県酒類醤油品評会
名誉賞
当蔵は、昭和26年に社名を「君の井酒造株式会社」に変更するまで、「田中酒舗」として営業、屋号を「田中屋」「酒田中」と呼ばれ、代々「大五郎」を襲名してまいりました。

昭和初期の二代目「田中屋大五郎」は、先見の明と積極的な行動をとり、昭和3年、いち早く琺瑯(ほうろう)タンクを導入し、また、75%精米、つき粉(石粉)を使用しても65〜60%程度という性能だった当時の横型精米機を「品質を高めるためにはまず高精米を」と、新型の縦型精米機を購入して高精米を実現しました。

また、昭和4年には、当時としては珍しい鉄筋コンクリートの酒蔵を建設、品質の向上を目指しました。

その結果、品評会では数々の受賞を果たし、昭和13年日本醸造協会主催の全国酒類品評会に於いて「今回のみならず、既往の品評会でも連続の入賞につき名誉賞を授与」※1されました。



昭和10年 中部六県酒類醤油品評会 名誉賞受賞時の集合写真
現在の仕込み蔵は、篠田次郎氏設計の新工場を昭和42年に建設し、安全性、作業効率、空調の合理性、品質の管理等、当時最新の設備に、また、平成4年には精米機も完全コンピューター制御にし、近年では瓶詰工場建て直し、フィラー、ボトルクーラー、パレタイザーを導入、さらには、最新の洗瓶機を導入、新型ボイラー入れ替えをするなど先人の志を継承し「惜しみなく手をかけた酒つくり」をモットーに、特に「山廃造り」にこだわり研究を重ね、今なお、品質の向上を目指したゆまぬ努力を続けています。


和暦 西暦 歴代当主誕生 会社沿革 受賞関係
江戸 1842   ・田中酒造店(君の井酒造)創業 酒造米高128石の酒株より ・「桜誉」「金華山」のブランドあり  
       
明治1868〜1912        
1878   「君の井」ブランドは明治天皇北陸巡幸以降から  
1896 田中大五郎(2代目)生    
       
大正1912〜1926        
1921 田中弘太郎 生    
       
昭和1926〜1989 1927   株式会社灘琺瑯タンク製作所 設立  
1928   ・琺瑯タンクを導入   ・国税局元鑑定官 田中哲郎が君の井で酒造りを学ぶ  
1930   新潟県醸造試験場設立 ※朝日酒造70年史より  
1932     日本醸造協会主催 全国酒類品評会 優等賞受賞(第13回)
1934     日本醸造協会主催 全国酒類品評会 優等賞受賞(第14回)
1938     日本醸造協会主催 全国酒類品評会 優等賞、名誉賞受賞(第16回)
1951   君の井酒造株式会社を設立  
1952 田中弘之 生 全国酒造組合中央会(当時、全国酒造協会)主催 全国清酒品評会(戦後第1回)  
1953   ・清酒製造免許取得
・田中哲郎指導の「研醸会」に加盟する
 
1967   鉄筋コンクリート蔵(新工場)を建てる  
1979 田中智弘 生    
       
       
平成1989〜 1990     全国新酒鑑評会 金賞受賞
1992   コンピューター制御の精米機を導入   
1998   瓶詰工場建て直し、フィラー、ボトルクーラー、パレタイザーを導入  
2001     関東信越国税局酒類鑑評会 最優秀賞受賞
全国新酒鑑評会 金賞受賞
2003     全国新酒鑑評会 金賞受賞
2004     全国新酒鑑評会 金賞受賞
2006   リキュール製造免許取得 全国新酒鑑評会 金賞受賞
2007   最新の洗瓶機を導入 全国新酒鑑評会 金賞受賞
2008     ・International Wine Challenge Commended受賞
・International Sake Association Silver受賞
2009     International Wine Challenge Commended受賞
2010   新型ボイラー入れ替え  
       
       

関東信越国税局酒類鑑評会受賞歴
平成26年 吟醸酒の部 最優秀賞
平成25年 吟醸酒の部 入賞、純米酒の部入賞
平成24年 吟醸酒の部 入賞、純米酒の部入賞
平成23年 吟醸酒の部 入賞、純米酒の部入賞
平成22年 入賞
平成21年 お燗の部 入賞
平成20年 お燗の部 入賞
平成18年 入賞
平成17年 入賞
平成16年 入賞
平成15年 入賞
平成13年 春 最優秀賞・秋 入賞
平成12年 春 入賞
平成10年 秋 入賞
平成8年 秋 入賞
平成7年 春 入賞・秋 入賞
平成6年 春 入賞
平成5年 春 入賞
平成4年 秋 入賞
平成2年 春 入賞
昭和63年 春 入賞
昭和62年 春 入賞・秋 入賞
昭和61年 春 入賞・秋 入賞
昭和60年 春 入賞・秋 入賞
昭和59年 春 入賞・秋 入賞
昭和58年 春 入賞・秋 入賞
昭和57年 春 入賞・秋 入賞
昭和56年 春 入賞
全国酒類鑑評会受賞歴
第16回 昭和13年 名誉賞・優等賞
第14回 昭和9年 優等賞
第13回 昭和7年 優等賞
International Wine Challenge
2015年 純米吟醸酒・純米大吟醸酒の部 SILVER
2015年 本醸造酒の部 SILVER
2009年 受賞メダル COMMENDED
2008年 受賞メダル COMMENDED
International Sake Association(全米日本酒歓評会)
2008年 受賞メダル SILVER
2006年 受賞メダル GOLD
酒類鑑評会受賞歴
第9回 昭和3年 優等賞
第8回 大正14年 入賞
中部六県酒類醤油品評会受賞歴
第9回 昭和10年 名誉賞
第7回 昭和6年 優等賞
第6回 昭和4年 入賞
全国新酒鑑評会受賞歴
平成26年 金賞
平成25年 銀賞
平成24年 銀賞
平成23年 銀賞
平成20年 銀賞
平成19年 金賞
平成18年 金賞
平成17年 銀賞
平成16年 金賞
平成15年 金賞
平成13年 金賞
平成9年 銀賞
平成2年 金賞
平成元年 銀賞
清酒品評会受賞歴
第2回 昭和29年 優等賞
第1回 昭和28年 優等賞